G-46GXCSQJZR 器具なしでも握力強化できる簡単なトレーニング方法! - yuutan labo

器具なしでも握力強化できる簡単なトレーニング方法!

Uncategorized

握力や前腕を鍛えるには、高価な器具を使わなくても、誰でも簡単にトレーニングをする方法があります。

この記事では、器具なしで握力を向上させる簡単なトレーニング方法として、グーパー運動、指立て伏せ、そしてタオルをねじるトレーニングなど、効果的なトレーニング方法、またペットボトルダンベルを使った専用の器具なしでも出来る具体的なトレーニング方法で強靭な握力と前腕を手に入れるための貴重な情報をご紹介します。

器具なしでもできる握力を鍛える方法

グーパー運動

グーパー運動の正しいやり方は?

両手を前に向かって真っすぐ伸ばします。前腕の筋肉に力が入るまで、両手をしっかりと握り、「閉じる」動作を行います。

次に、指先までしっかり伸ばして、両手をパーの形に広げ「開く」動作を行います。

そして、「開く」動作をしてから、再び指を握りしめて「閉じる」動作を行います。グーパーの開いて閉じての動きを連続して行います。

動作を行う際は、前腕がしっかりと動いていること、負荷がかかっていることを意識しましょう。

筋トレの効果は、筋肉をしっかりと収縮させることで得られるので、手を開くときに指をしっかりと伸ばすことが重要です。

これにより、筋肉への刺激が強まり、効果的なトレーニングが可能になります。

グーパー運動の効果は?

[握力向上]

グーパー運動は手の筋肉、特に指の筋肉を強化するのに非常に効果的です。

これにより、握力が向上し、物をしっかりと握る力が増します。

また、筋トレで負荷の高い重量を扱うトレーニングの際にも安定感が大きく変わってきます。

[手の筋肉の持久力向上]

手の筋肉と腱の強化により、手の持久力が向上し、ホールド力が強化します。

これにより、トレーニングなどによる手の怪我や痛みの予防につながります。

グーパー運動のトレーニング回数は?

100回の動作を3セット行います。セット間には1分間の休憩を取りましょう。

また、最低でも1日に100回×3セットを目指し、必要に応じて回数を増やしていきます。

ただし、慣れないうちから無理して回数をこなそうとしないで休憩を挟みながらやりましょう。

もし、筋肉に痛みや違和感が出るようなことがありましたら、無理をせずにトレーニングを中止しましょう。

グーパー運動は高齢者にどんな効果があるか?

[筋力向上]

高齢者は筋力の低下が起こりやすく、それが身体機能の低下や日常生活の制約につながることがあります。

グーパー運動は手の筋肉を強化し、握力を向上させるのに役立ちます。

これは、物を持つ、ドアを開けるなどの日常の活動において大きな利益をもたらします。

[認知機能の予防]

グーパー運動は脳の活性化につながることで、認知症の進行を遅らせたり、認知機能の低下を抑えたりする効果があると言われています。

また、グーパー運動は気分を明るくしたり、ストレスを減らしたりすることで、認知症の原因となる精神的な要因を改善することもできます。

したがって、グーパー運動は認知症の予防に間接的ではありますが、効果があると考えられます。

[ストレスの軽減]

グーパー運動は高齢者の精神的な健康にも良い影響を与えます。

グーパー運動によってストレスホルモンのレベルを低下させ、リラクゼーション効果をもたらすことがあります。

これにより、不眠症,うつ病などのメンタルへのストレス関連疾患等の予防につながります。

指立て伏せ

指立て伏せの正しい姿勢は?

(1) 肩幅ほどに手を広げ、指を前に向けて床に置きます。指の先が体を支える状態になります。

(2) つま先を地面につけ、足を伸ばしています。体は一直線に保ちます。

(3) 体を支えるために指の力を使いながら、背中やお尻を下げていきます。背骨がまっすぐで、お尻が突き出しすぎないように注意しましょう。

(4) 体が地面に触れる前に、肘を曲げてゆっくりと下降します。肘は体の横に向けていきます。
体が地面に触れたら、再び上半身を持ち上げ、元の姿勢に戻ります。

指立て伏せの効果は?

指立て伏せは握力トレーニングの一種であり、主に指、手首、前腕の筋肉を強化します。以下に、握力強化に対する具体的な効果をいくつか挙げてみます。

(1) 握力の向上

指立て伏せは、指全体を使って体重を支えるため、指の筋肉が鍛えられるので、握力のホールド力とピンチ力が向上します。

(2) 手首と前腕の筋肉強化

指立て伏せは手首と前腕の筋肉にも負荷をかけます。これらの筋肉が鍛えられると、握力が強くなるだけでなく、手首の安定性や持久力も向上します。

(3) 手指の筋持久力

 指立て伏せは、高い筋持久力を要求するエクササイズです。これにより、長時間にわたる活動で必要とされる握力の持久力が向上します。

指立て伏せのコツは?

(1) 最初の段階から正しいフォームを意識し、覚えることが重要です。全身が一直線になるようにし、手の指にかかる荷重は、均等に分散させます。

(2) 慣れるまではゆっくりと動作を行います。急激な動きは怪我の原因になるため、避けるようにしましょう。

(3) 筋肉は休息中に回復・強化されます。トレーニングの間隔を適切に持つことが重要です。

目安としては、トレーニングした後で手や指に疲労感や痛みがある場合、それらの症状が改善されるまで休息することです。

(4) 初めのうちは、全重量を指にかけるのではなく、膝立ちや壁を使った簡易的な指立て伏せから始めると良いでしょう。徐々に強度を上げていきます。

(5) トレーニングで筋肉を鍛えて、疲労した筋肉を回復させるためには、タンパク質の豊富な食事と十分な睡眠が必要です。

これらのコツを心がけつつ、自分の体調や筋力を考慮に入れて、無理なくトレーニングを進めていきましょう。

指立て伏せは何回くらいやればいい?

以下に、初心者から中級者、上級者向けの指立て伏せの推奨回数とセット数を示しますが、個々の身体の状態やトレーニング経験により異なるため、自身の体調と相談しながら調整してください。

[初心者]

膝をついた状態での指立て伏せから始めてみましょう。これは体重の一部だけを指にかけるエクササイズです。

   – セット数: 1-2セット
   – レップ数(回数): 5-10回

[中級者]

通常の指立て伏せに挑戦します。これは全体重を指にかけるエクササイズです。

  – セット数: 2-3セット
  – レップ数(回数): 10-15回

[上級者]

通常の指立て伏せですが、全体重をさらに指にかけるように意識して、指に高い負荷をかけるエクササイズです。

  – セット数: 3-4セット
   – レップ数(回数): 15-20回

各セットの間には1-2分程度の休息を取り、無理なくセット数をこなせるようにして、筋肉を追い込みましょう。

また、トレーニング前と後には手首と指のストレッチを行うと、筋肉の緊張を緩和し、トレーニングによる怪我、またトレーニング後の疲労した筋肉の回復を促進します。

タオルをねじるトレーニング

タオルをねじるトレーニングの基本的なやり方は?

タオルをねじるトレーニングは、比較的簡単に行える握力トレーニングの一つであり、手、指、前腕の筋肉を強化します。以下にその手順を説明します。

(1) トレーニングに使うタオルは、幅34cm前後、長さが80cm前後の普通のフェイスタオルです。乾燥した状態のタオルを使います。

(2) タオルを絞る時のように握りやすい大きさにします。左右の手で両端を握ります。

そのまま両手でタオルをねじります。右手は時計回りに、左手は反時計回りに回すようにします。これを繰り返します。

(3)  強くねじることで、指、手首、前腕に負荷がかかります。そして、これ以上ねじれないというとこまできたらそのままの状態で約10秒間我慢します。

(4) 10秒間我慢したら、今度は持ち手を逆にしてリバースセットを行います。この交互のトレーニングをIセットとします。

(4)  セット数は3セットが目安ですが、自身の体力や筋力に合わせて調整します。

(5) 各セットごとに1〜2分程度の休憩を取り、筋肉がリカバリー(回復)する時間を確保します。

(6) このトレーニングは毎日行うことも可能ですが、筋肉が疲れている場合は無理をせず、適宜休息を取りましょう。

注意点としては、力を一気に入れすぎて手首を痛めないように注意が必要です。また、あまりにも厚すぎるタオルを使用すると初心者には難易度が高いので、自分が扱いやすい厚さのタオルを選びましょう。

タオルをねじるトレーニングの効果は?

(指の筋肉の強化)

タオルをねじる動作は、主に手指の筋肉群に刺激を与えます。指の筋肉は、握力を発揮する際に主要な役割を果たします。このトレーニングによって、指の屈筋や伸筋、指の腹部筋肉などが活発に働き、強化されます。指の筋力が向上することで、物をしっかりとつかむ力が増し、手の機能性が向上します。


(手首の強化)

タオルをねじるときには、指や手首の関節を様々な方向に動かします。この運動は広い可動域で筋肉をより多く伸縮させることができるので、筋肉へ強い刺激を与えることができます。

これにより、手首の筋肉に高い負荷をかけることができ、手首の耐久力や筋力向上につながります。

タオルストレッチとは?

タオルストレッチはタオル1本あれば誰でもできる簡単なストレッチ体操です。タオルを使用して筋肉を伸ばすエクササイズのことを指します。

タオルは滑りにくく、筋肉の伸ばし方を調節しやすいため、ストレッチに非常に適しています。

特に関節の可動域が狭い人や、体が硬い人にとっては、タオルを使うことで手が届かない部位もストレッチできる利点があります。

このストレッチは、筋肉の緊張を和らげ、柔軟性を高めるだけでなく、血流を改善して筋肉の回復を助ける効果があります。

タオルストレッチで首を柔らかくする方法は?

このストレッチは、首の筋肉と頸椎の柔軟性を向上させるのに役立ちます。首の痛みやこりを軽減し、ストレスの緩和にも寄与します。

(タオルの用意)

まず、普通の大きさのフェイスタオルを用意します。長い方を半分に折り細長くします。

(タオルの位置)

細長く折ったタオルの両端を手で握り、そのまん中が後頭部と首の付け根あたりになるように持っていきます。

タオルを握った両手は、体の前に斜めに配置し、30度程度上向きに傾けます。

(引っ張る)

タオルを持ち、それをゆっくりと片方の手から左右交互に引っ張ります。このとき、首に快適な緊張感を感じる程度に引っ張ります。首の筋肉に無理な圧力をかけないようにしましょう。

(5〜10秒キープ)

片方ずつ、最大のストレッチポイントに達したら、そのポジションをキープします。首がタオルに押し負けないように、首の筋肉を緩めながら5〜10秒間キープします。

(セット数)

左右交互 のストレッチを1セットとして、3〜4セット行います。ストレッチを行うたびに首の柔軟性が向上するのを実感できると思います。

(ストレッチ効果)

このストレッチは、首の筋肉と頸椎の柔軟性を向上させるのに役立ちます。また、トレーニングによる首の疲労や緊張を和らげます。

ただし、ストレッチを行う際に痛みを感じたり、無理な強さで引っ張ったりしないように注意し、安全に行いましょう。そして、急激な動きを避け、ゆっくりと行うことが大切です。

タオルストレッチで肩のコリをほぐす方法は?

(タオルの位置)

首を柔らかくする方法と同じく、細長く折ったタオルの両端を持ちます。

両手を伸ばし頭の上の方へ持って行き、ちょっと後ろに反るようにこまえます。

(引っ張る)

息を吐きながら左右どちらかの腕をまげて、下の方にある手でタオルをゆっくり斜め下におろし引っ張ります。

そのときに肩甲骨がひっぱられる感じを意識し、左右交互に心地よい所までストレッチましょう。

(5〜10秒間キープ)

片方ずつ、心地よいストレッチポイントに達したら、その状態を5〜10秒間キープします。

(セット数)

左右交互のストレッチを1セットとして、3〜4セット行います。肩周りが軽くなったように感じると思います。

(ストレッチ効果)

このストレッチは、肩や肩甲骨周りの筋肉をほぐし、コリや疲労を和らげます。

無理をしないでゆっくりと、心地よい程度にストレッチましょう。

専用の器具なしでもできる握力や前腕を鍛える方法

ペットボトルはダンベルの代わりになるか?

ペットボトルダンベルとは?

ペットボトルダンベルは、通常のダンベルの代替品として自宅で手軽に使えるものです。

これは、トレーニングに特別な機器やウェイトを購入しなくてもペットボトルがあれば、効果的な筋力トレーニングを行う方法として人気があります。

しかし、ダンベルに比べて重さが限られていますので、大きな負荷をかけることができないというデメリットがあります。

負荷の高いトレーニングはできませんが、2Lのペットボトルに水を入れると約2キロの重さになりますので、それなりに負荷をかけることができます。

ペットボトルダンベルは、完全にダンベルの代わりにはなりませんが、初心者から中級者のトレーニングには対応できると思います。

ペットボトルダンベルの種類

[500mlのペットボトル]

通常の500mlのペットボトルは軽量で使いやすい形状から、軽い負荷のトレーニングなど幅広いトレーニングに適しています。

このサイズは握りやすく、手にもフィットしやすいので、ウォーミングアップや軽い前腕のトレーニングに使用するのに最適です。


[1Lのペットボトル]

1Lのペットボトルは500mlのペットボトルよりも重く、持つ部分も太くなっているので手や前腕の筋肉に重い負荷をかけるトレーニングができます。


[2Lのペットボトル]

2Lのペットボトルはさらに重く、かなりの負荷をかけるトレーニングができます。

その分、トレーニング効果も上がりますが、手や手首などの怪我に注意が必要です。

ペットボトルダンベルの作り方

[材料]

• 空のペットボトル(500ml、1リットル、2リットルなど、トレーニングの目標に合わせたサイズを選んでください)

• 水または砂を中にいれます(個人的には、水の方がいろいろな面で便利だと思います)

[選び方]

トレーニングの難易度に合わせてペットボトルのサイズを選びます。

初心者の場合、500mlの軽いペットボトルから始めることができます。

もっと高い負荷のトレーニングには1リットルまたは2リットルのペットボトルが適しています。

[中身を調整]

ペットボトルに水または砂を入れて、適切な重さに調整する事が出来ます。

重さを調整することで、自分のトレーニングしたい荷重にカスタマイズできます。

最初は軽い負荷から始め、徐々に重さを増やしていくことをおすすめします。

[注意点]

ペットボトルに水や砂を入れたら、キャップをしっかりと閉めて漏れないように確認しましょう。

またトレーニングを進めていく過程で、定期的に確認する事も大切です。

ペットボトルで握力を鍛えるには?

ペットボトルを使ったラジアルフレクション

ラジアルフレクションは、手首の親指側を上げていく動作で、前腕の橈側手根屈筋や橈側手根伸筋を鍛えることができます。

このトレーニングにより握力や手首を強化する事ができます。

[トレーニング方法]

(1) ペットボトルを片手で持ち、キャップが付いてる方を上にします。

(2) 肘を曲げずに腕を下ろし、手首が自然に垂れ下がるようにします。

(3 ) 手首の親指側を上げていき、ペットボトルのキャップが付いている側を持ち上げます。

(4 )ゆっくりと元の位置に戻します。

(5) 上げる、戻すの動作を10〜15回繰り返します。

(6 ) もう一方の手でも同様に行い、10〜15回×3セット行います。

ペットボトルを使ったウルナフレクション

ウルナフレクションは、手首の小指側を上げていく動作で、前腕の尺側手根屈筋や尺側手根伸筋を鍛えることで、握力や手首の強化、腕の見栄えを向上させることができます。

[トレーニング方法]

(1) ペットボトルダンベルを片手で持ち、キャップの付いている方を下にします。

(2) 肘を曲げずに腕を下ろし、手首が自然に垂れ下がるようにする。

(3) 手首の小指側を上げていき、ペットボトルのキャップがついている側を持ち上げます。

(4) ゆっくりと元の位置に戻します。

(5) 上げる、戻すの動作を10〜15回繰り返します。

(6) もう一方の手でも同様に行い、10〜15回×3セット行います。

ペットボトルのキャップ部分をつまんで鍛える方法

キャップ部分をつまんで鍛える方法は、つまんだままペットボトルを上げ下げする動作で、母指球筋(短母指屈筋、短母指対立筋、短母指内転筋)や虫様筋と呼ばれる手内在筋に刺激を与えますので、握力の中でもピンチ力を強化します。

[トレーニング方法]

(1) ペットボトルのキャップ部分を片手でつまんで持ちます。

(2) 肩と肘を脇腹に固定して、前腕だけでペットボトルを上げれるだけ上げます。

(3) ゆっくりと元に戻します。

(4) 上げる、戻す動作を5〜10回繰り返します。

(5) もう一方の手でも同様に行い、5〜10回×3セット行います。

ペットボトルで前腕を鍛えるには?

ペットボトルを使ったリストカール

リストカールは、手のひらを上に向けて手首を曲げる動作で前腕屈筋群を鍛えるトレーニングです。

前腕屈筋群は、手首を掌側に動かすときに働く筋肉であり、これを鍛える事により握力や手首を強化できます。

[トレーニング方法]

(1) ペットボトルを片手に持ち、肘をベンチやテーブルなどに乗せて固定します。

(2) 手のひらを上に向けてペットボトルを持ち、手首が自然に垂れ下がるようにします。

(3) 前腕の力だけでペットボトルを持ち上げ、このとき肘から先は動かさずに手首だけを動かすようにします。

(4) 手首を限界まで曲げたら2秒間その状態を保ち、その後ゆっくりと元の位置に戻します。

(5)持ち上げて、戻す動作を10〜15回繰り返します。

(6) もう一方の手でも同様に行い、10〜15回×3セット行います。

ペットボトルを使ったリバースカール

リバースカールは、手の甲を上に向けてペットボトルを持ち、手首を曲げる動作で前腕伸筋群を鍛えるトレーニングです。

前腕伸筋群は、手首を手の甲側に動かすときに働く筋肉であり、これを鍛えることにより、手首の持久力向上や前腕を強化する事ができます。

[トレーニング方法]

(1) ペットボトルを片手に持ち、肘をベンチやテーブルなどに乗せて固定します。

(2) 手の甲を上に向けてペットボトルを持ち、手首が自然に垂れ下がるようにする。

(3) 前腕の力だけでペットボトルを持ち上げる。このとき、肘から先は動かさずに手首だけを動かすようにします。

(4) 手首が限界まで曲がったら2秒間その状態を保ち、その後ゆっくりと元の位置に戻します。

(5) 持ち上げる、戻す動作を10〜15回繰り返します。

(6) もう一方の手でも同様に行い、10〜15回×3セット行います。

器具なしでも握力強化できる簡単なトレーニング方法を総括

・グーパー運動の効果は、手の筋肉が強化され、握力が向上し、手の持久力も増します。

高齢者には筋力向上や認知機能予防、ストレス軽減など多くの利益があります。

・指立て伏せの効果は、握力向上、手首と前腕の筋肉強化、手指の筋持久力向上などがあります。

・タオルをねじる動作は、主に手指の筋肉群にしげを与え、指や手首の関節を様々な方向に動かします。

この運動は広い可動域で筋肉をより多く伸縮させることができるので、手首の筋肉に高い負荷をかけることができ、手首の耐久力や筋力向上につながります。

・タオルストレッチはタオル1本あれば誰でもできる簡単なストレッチ体操です。

特に関節の可動域が狭い人や、体が硬い人にとっては、タオルを使うことで手が届かない部位もストレッチできる利点があります。

このストレッチは、筋肉の緊張を和らげ、柔軟性を高めるだけでなく、血流を改善して筋肉の回復を助ける効果があります。

・ペットボトルダンベルは、通常のダンベルの代替品として利用され、自宅で手軽に筋力トレーニングができる方法です。

ただし、通常のダンベルに比べて限られた重さしか持てないため、大きな負荷をかけることは難しい点がデメリットです。

初心者から中級者向けのトレーニングには適しています。